ノービター正田の、本当にあったらめ〜ん話。

ノービターのフロントマン正田の、実体験による怪談と大好きなラーメンの話。

脈絡のない話㉚

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

f:id:nobitter3:20180925232004j:image

今日は第七夜、退院後の生活。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)

退院してまず思ったこと。1人じゃあんまり何もできない。
とりあえず命の危険からは脱したので退院はしたものの、1人で楽々生活できるわけじゃなく。寝てても座ってても立ってても、いわゆる「楽な姿勢」ってものがなくて。一日中腰の痛みを庇うことに終始するだけの生活。おまけに腰から左太ももにかけて痺れているので、長時間座ること(ギターを弾く、テレビを見る、うんちする等)と言った、なんてことない日常生活がハードモードに。
そして、たいして動けないのに不思議と腹は減るもんで。いや、太る太る。

そして、腰を庇うことに疲れきった正田は、退院2日目?くらいにあることに気づいた。

 

 

なんにもやる気がしない…

 

 

だってね?普段の正田ならよ?6日間も入院したんだ、その間全くギター触ってないしメンバーと音楽の話もしてない。少しでも入院してる間サボってしまったことを取り返そうと必死になると思うの。でも。やる気が起きない。

そして更に、気づいてしまったことが。
やる気がないまでも、なんとなくでギターを触ってみる。

 

 

 


自分で作ったはずの曲を思い出せない。


他にも、複数持っている銀行口座を、どのように使い分けていたのか。思い出せない。
ここで、入院中の担当医の言葉を思い出した。
「正直体の内部には相当のダメージがあったと思って良いでしょう。ただ、症状には個人差があるので、何も感じない人もいれば何か不便が生じる人もいるのでなんとも言えないところです。」

…え。俺の場合、それが記憶…?
と、かなり心配していたのだけれど、2、3日のうちに忘れかかっていたものは全て思い出した。とりあえずホッとした。
ホッとはしたんだけど、さすがにこれではいけないと思い、無気力状態のままではあるが自分に喝を入れるため、復活の狼煙を(無理やり)あげるため、何がなんでも1曲作ろうと決めた。

そして完成したのが、今ツイッターの固定ツイートに弾き語り版をのせている楽曲。(@nobitter_sun フォローミー!)
『おじさまと猫』というツイッター初のマンガをご存知だろうか。その漫画に深く感動した正田が、もしこの作品のタイアップを作るとしたらというなんとも勝手な設定で作り上げた一曲笑
とても苦労した。完成までに5時間くらいかかった。無気力ゆえに、集中力もない。普段なら、弾き語り状態なら歌詞も含めて2時間ちょいくらいで完成するはず。それが2.5倍の5時間ですよ5時間。しかも、完成後にいつも感じる達成感や自信のようなものも初めは全く湧いてこなくて(今では超自信作、バンドサウンドでレコーディングなうなんです)
なんてこったい、自分で作り上げた曲がどれくらいのいい感じ度合いか、測ることさえできない。感性もダメージ受けちゃったのか。とショックを受けた。

それでも、やはり曲を作ってよかった。そこからなんとなく、すこしずつ、無気力を脱却できてきて。チャレンジは大事だと実感。そして、色々な感覚が元に戻ってくるにつれて、この楽曲は大のお気に入りに。


さて、踏んだり蹴ったりの生活はまだまだ続く。
次回、第八夜、出勤。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉙

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

今日は第六夜、退院。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)


※十夜連続とか言っておいて、完全オフだったのをいい事に昨日ブログサボってしまったことをお詫び申し上げます。

正田が運ばれた病院は、地元では割と有名なヤブな病院。でも、仕方がなかったのだ。救急車に乗ったことある人なら知っているかもしれないけど、救急車は、患者を車に乗せつつどこの病院に運ぶかを決める。決めるというか、病院に連絡をして、オッケーならそこへ向かうみたいな感じ。特別な事情がなければ、あまりに遠いところまでは搬送しない。
でも、近所で受け入れてくれる病院は限られている(病床数や医師の不在などが理由)
なので、嫌だったけど諦めて運ばれるしかなかった。

集中治療室を出た日、担当医が直接枕元まで来て、今回のことをいろいろ説明してくれた。
頭がまだ回らないながらにいろんな質問をした。回答はチグハグだった。さすがヤブ。
でもそんなヤブ医者は、俺に一筋の光を見せた。「今日は入院だけど、きっと明日退院できるよ」

退院できるできる詐欺だった。きっと明日退院できると4日言われた。なんだそりゃ。

結局、6日目の昼に退院することになるんだけど、それがまた衝撃的な退院の仕方で。
看護師さん「退院いつ頃したいですかー?」
正田「できるなら今すぐにでもしたいですねぇ」
看護師さん「正田さんの場合は病後観察みたいな感じですもんねー」
30分後
看護師さん「正田さん今退院してもいいそうですけど、ご家族の方今来られますかー?」
正田「ムリに決まってんだろ笑笑」

突然のぶっ込みがあり、その場で1人、退院したのであった…意味不明…
入院時お財布を持っていたこと、お盆シーズンだったにもかかわらずたまたまタクシーが病院の前を通ってくれたこと、それによりなんとか1人で帰れました、ちゃんちゃんっ

 

…詳しいこと書いたら単なる愚痴で終わりそうだったので、とりあえずこんな感じで笑
次回、第七夜、退院後の生活。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉘

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

f:id:nobitter3:20180922191126j:image

今日は第五夜、暇つぶし。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)


病院でできることはかなり限られている。ギターを弾くわけにも歌うわけにもいかない。そこで、やっぱりベタなお見舞いの品といえば食べ物と本なんじゃないかなぁと。そして、正田の病室のテーブルは瞬く間に、大量の食料と7冊の小説、数冊のマンガで埋め尽くされたのでした。(お見舞いに来てくれた人物は第五夜を参照。)
普段小説はほとんど読まない正田も、この時ばかりは少し読んだ。6日の入院で、2冊。俺としてはよくやった方。

f:id:nobitter3:20180922191049j:image

f:id:nobitter3:20180922191052j:image

えなりと違って小説のレコメンドも苦手なので、詳しい感想は割愛。本宮の持ってきてくれた『十三階段』は、決してつまらなくはないんだけど、読んでて辛くなる暗い話。どんでん返しのところは好き。母親の持ってきてくれた『夜の床屋』は短編集だけど最後に繋がるとても俺好みな感じ。気になった人は是非。
そしてえなりは。流石。本を持ってこなかった!「何食いたい?買ってくよ〜」これ、かなり嬉しいっす。

でもでも、自分でも思いつかなかった、意外と重宝したもの(これは本宮が持ってきてくれた)があって。何かと言うと、

 


美味しい塩(画像なし)

 


いやー、助かった。
入院食、米が余るんだよね。おかずの量が少なめなのにお米は普通の量があるから。なので、残っちゃった米にかけて食べてました笑これ優勝。病院で出てきたどんなおかずよりも美味しかったね、塩。

…暇つぶしと言うよりは、お見舞い何貰ったかの話になっちゃった笑 でもまぁ、読んだり、食べたりしてたよって話でございました。

 

ということで次回、第六夜、退院。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉗

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

f:id:nobitter3:20180921191501j:image

今日は第四夜、お見舞い。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)

 


正田が入院してから、お見舞い行ってもいい?とかなりたくさんの人から連絡が来た。なぜみんなそんなに早く俺の入院を知ったかと言うと。
佐藤会(正田イレブン)と言う名の飲み会があり、その日程とがっつりかぶる形での入院になってしまったのだ。「入院してしまいまんた飲めないでごわす」と(当然もっとちゃんとした文章で)連絡を入れたので、皆を心配させてしまったのでした。佐藤会(正田イレブン)で行くはずだった鳥貴族の食べ飲み放題…いつか必ずリベンジを…
また、ツイッターでも知らせていたので「病院教えてくれたらお見舞い行きます!」とDMをくれた方も何名もいて。
非常にありがたい話。

でも、皆様お断りしてしまいました。
と言うのも、アナフィラキシーでの入院(第一夜参照)だった為、身体中(特に顔まわり)がパンパンに腫れていた。でかすぎたよ、顔。
加えて、正田はどぎついパーマのロン毛なもので、入院中は手入れも行き届かずハイパーアフロ状態。更に、お風呂に入れるようになったのも退院の1日前だったので…
まぁ、シンプルに言えば怪物スタイルだった笑人と会うのは無理ということで身内以外はお断りしたのでした。お見舞い行きたいって連絡くれたみんな、本当にどうもありがとう。
余談だけど怪物スタイル過ぎて、すれ違う患者さんに二度見されたり凝視されたりしまくったよね、うん。

さてそんな訳で、お見舞いに来たのは
・えなり(うちのバンドのボーカルベース)
・本宮(高校からの親友)
・母(俺と同じ顔)
・姉(仲悪い←)
の4人。
…イケちゃん(うちのバンドのドラム)は来てくれませんでした。俺は泣いたよ笑

えなり、本宮、母親の三人のお見舞いの品で割と自分の空間が埋まり「ずいぶんたくさん持って来てもらったわね〜笑笑笑笑笑」と看護師さんに笑われたりした。
さてさて、それがどんなお見舞いの品々だったかという内容が、第五夜の暇つぶしへと繋がっていくんですねぇ。

 

ということで次回、第5夜、暇つぶし。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉖

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

f:id:nobitter3:20180920185430j:image

今日は第三夜、入院食。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)


内臓的には何の問題もない入院だったので、正田の入院食は味付けが普通のものを食べていた。病院の食事って薄味でぱさぱさ…みたいなイメージだったのだけど、意外と味は普通についていた。
しかしカロリーがコントロールされているのでおかずは少なめ、でもしっかり白米は220gあるという謎の展開だったり、脂っ気はほぼほぼなかったので便秘になったりなど、した。
さぞかし味が薄かろうということを心配して、親友がカルディーと燻製塩という魔界的うまさの塩をお見舞いにくれたのだが、そんなに出番はなかった笑

とまぁ、内容にも上記のような不満がありつつも、我慢できないほどではなかった。

むしろ我慢できないのは。

 

 


深夜の空腹。


入院するまでは夕食は23時近くなってしまうという生活を続けていたものだから、

朝食8時
昼食12時
夕食18時

というパターンの入院食は、どうしても夕食から朝食までが長すぎる!お腹鳴りっぱなし!!我慢できない!!!
そしてえなりに、見舞いの品にパンやおにぎりを要求し、消灯後に炭水化物を摂り、入院してるのに体重が減らないという偉業を達成するのだった。

入院中のご飯に関しては、こんなとこかな。対して思ったことないや笑

 

 


次回、第四夜、お見舞い。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉕

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

f:id:nobitter3:20180919042454j:image

今日は第ニ夜、ブリブリ音レビュー。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)

 


まぁなんだ、あれだ。少し下品な話を。読みたくない人は今すぐ離脱推奨!
第一夜で書いた通り、病院に運び込まれた後結構大変な目にあった。最初集中治療室にいた正田だったんだけど、徐々に症状が落ち着いてきてHCU(集中治療室と一般病棟の間とされる位置付けの病室)に移動になったのね。

で、正田のベッドの位置が。トイレの真ん前。トイレ行くの近くで便利だわぁ。くらいにしか思わなかったの、昼間は。

昼間は。

HCUでの初めての消灯。
入院自体が初めての正田は、消灯するとこんなに暗くなるの!?という衝撃と、21時に消灯しても眠れるわけないよねって気持ちとで、なんだこりゃ状態。
とりあえず、確実に眠れないのはわかっているので、小さな灯りをつけて本を読んだり携帯いじったり。
消灯してどのくらい経ったか。30分?1時間?突然あたりがグワっと明るくなった。そう、誰かがトイレに入ったのね。トイレのドアが開閉されるたびに真昼間の明るさ。入る時と出る時、1人がトイレに入る度に時間差で2回、真っ昼間が訪れる。最初は「まぁトイレ行きたくなるよなぁ、人間だもの。」としか思ってなかったのだけど。

本も飽きたし、なんか眠くなってきた。携帯を見るともう深夜の2時。ウトウトとしてくる…からの真昼間!!今度こそ眠るぞ…からの真昼間!!!!!眠りそうになるといい感じに誰かがトイレに来るのね。
そして極め付け。本日のタイトルのそれ。

 

 


大の方の音がダイレクトに響いて来るのよ…

 

 

患者さんのヘルプにいち早く気づくための構造なのか、ただただ防音が甘い作りなのかはわからない。でも、もう、ブッリブリ。
出るもんは出るんだから、トイレに入ってる患者さんが悪い訳じゃあない。わかってる、それはわかってるけど…

 


眠れる訳ないよね。
入院生活にはこんな罠も潜んでるんだなぁ…

 

 

次回、第三夜、入院食。ぜってぇ読んでくれよな!

脈絡のない話㉔

ツイッターで激しく仲の良い、のすけという人物からの要望でブログを10日連続で書いてみようと思うよ正田だよ!音楽の話がほとんど出てこないので、正田に個人的な興味が無い人は圧倒的につまらないブログを展開するよ!するんだよ!!

 

今日は第一夜、原因。(知ってる人と知らない人がいると思うので軽く説明すると、8月の中旬、正田は人生初の入院生活を体験しましたのだす。だす。)

f:id:nobitter3:20180918092054j:image

 

 

 正田は高校の頃からヘルニア持ちで、腰は常に庇いながら生活をしているのだけど。
だけど、だからと言って日々薬を飲んでいたり病院に通ったりとかそういうことは全然なくて、ちょっと気をつけてる、くらいのなんとも軽いものだった。だった(過去形)
それが8月のある日、ちょっとした腰の角度?から激痛がはしり、息をするだけでも痛い。立ち上がるだけで激痛。真っ直ぐ立ってられない!みたいな状態になってしまったので病院へGo!

一通り問診票を書いて、レントゲンを撮って(レントゲンはいろんな角度から撮るから、お医者さんに「次こういう態勢になってねー」ってグリンと回されるたびに激痛で叫び声をあげる、大の大人。いや恥ずかしや。)当然ヘルニアとの診断。個人差はあるけど1週間~1ヶ月で痛みは引くでしょうとのことだった。

痛み止めを処方してもらい、帰宅。明日バイト行けるかなぁとか思いながら就寝。

 

 

次の日。明け方。トイレ行きたくて目が覚めた。

ん?

なんだ?

息苦しくない??

腕が妙に太くないか?

(鏡見る)顔でかっっ

…腫れてるな、確実腫れてるな。腫れてるところ熱持ってる気がするな。息しにくいな、苦しいな、なんだよこれ。
寝起きの頭が少しずつ回転し始めて、あ、薬合わないやつだねこれ、と気づく。
まだ早朝だったので、病院が開くには何時間もある。腰の痛みも、昨日より酷くなってる。一人で病院行ける気もしない。

からの、セルフ救急車。家族や友人の為に救急車を呼んだことはあるが、自分のために呼んだのは初めて。そして近くの病院に搬送されたのでした。

合わない薬で拒否反応が出ているから、今体内にある薬の成分をまずは外に出すという説明。その後、腰が相当痛そうだから、昨日までの合わなかった薬とは別の成分の痛み止めを点滴しようということに。
薬の成分を外に出した頃には息苦しさはかなり減っていた。あーとりあえずよかった、と。でも腰の激痛もなんとかしてもらわんことには帰れない。
続いて痛み止めを点滴しつつ、一般病棟へ。腰の痛みに耐えながらじっとこよになっていると。

吐き気。
吐き気。
吐き気。
ちょっとずつ意識が朦朧としてくる。
ナースコールを押そうにも、あれー?どこー?てか、手が動かなーい
みたいな感じ。何これ、死ぬのか?ってリアルに思った。
気づくと看護師さん?お医者さん?わからんけど大人数に囲まれてて何かつけたり何か外したり、これヤバイっすよ的な声が聞こえたり、ずっと仰向けだし意識も朦朧としてたから色々よくわからんけどストレッチャーでいろんなとこ運ばれて、酸素マスクみたいのつけられて、よくわからんとこのベッドに到着。

それから何十分経ったのか何時間経ったのかわからないけど、病状の説明をしに担当医がベットのところに来て。昨日飲んだ薬と今日点滴した痛み止めによるアナフィラキシーショックだとのこと。痛み止め点滴する前に「飲み薬と違う成分の薬を点滴する」って言ってたけど、アナフィラキシーってことは同じ成分だったのでは??と思ったは思ったのだけど。まだ頭ぼんやりしてて、色々聞ける状態ではなかったので「はぁ…そっすか…」くらいに聞いていた。そして、いつ帰れるのかなと思っていた正田に先生が「とりあえず今日は入院で。さらに別の痛み止め使うってことは、薬の経過をみなきゃいけないからちょっと心配なので」と。

 


え。
ここに運ばれて来たからこそのアナフィラキシー、からの入院?どんだけ運が悪いの正田。
かくして正田初の入院生活が始まるのであった。

 


次回、第二夜、ブリブリ音レビュー。ぜってぇ見てくれよな!