読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノービター正田の、本当にあったらめ〜ん話。

ノービターのフロントマン正田の、実体験による怪談と大好きなラーメンの話。

東のラーメン③

最近は天候がぐっちゃぐちゃ、花粉は飛ぶわなんやかんや。かれこれ1ヶ月くらい体調不良の続いてる正田の第五回。いっきます!!(※ラーメンが着丼したタイミングで写真を撮る行為が正田は大嫌いです。なぜかと言うとラーメンは伸びていくから。美味しいタイミングに食わないで写真撮ってるってどういうこと?食べに来たの?SNSのネタの方が味より大事なの?ってなるから。なので正田の記事のラーメンは全て拾い画です。ネットにupしてくれたどなたかに感謝←)
ラーメンが好きな人、怖い話が好きな人、ノービターを応援してる人は是非チェック!怖い話苦手な人は、ブログのタイトルでわかるようにしとくので避けて読んでね。それではラーメン三発目。

 


弁慶 堀切店
本店は浅草。以前はこっちの堀切店が本店だったがなぜか変わったんですね。どんなお店かっていうと、
・背脂こてこて
・豚骨
・中太ぷりっと麺
・チャーシュー薄切りとろける系
ざっくり言うとこんな感じ。まぁそんなお店は探せばたくさんあると思うんだけど。なにが魅力かって言うと、このタイプのお店はなかなか塩味がないんだよね。第一回で紹介したところもめちゃくちゃうまいんだけど醤油豚骨と味噌豚骨の二種類。ここには、塩豚骨があって、それがうまいのなんのって。塩味ってそもそもさっぱりに分類されると思うんだけど。それと背脂のコンビネーションはとても素敵だと思うの。お肉をポン酢でいただきますみたいな、ビートは16だけどギターは全音符みたいなあの感じに似てるかな?いや違うな。うまく言えない食うしかないんだこれは。

 

f:id:nobitter3:20161018143517j:image

 

そしてやはり塩だから、少しパンチが薄れるもんだから。「ギタ」という注文方法があって。いわゆる油多めってやつ。背脂がマシマシになるんですねぇ。塩の時はこのギタで頼むよ正田は。
そして麺もね、太麺好きな正田も満足するもちぷり感。これなら背脂のプースーとも相性グンバツですな!
そして更に。なかなか脂っこいからたくさんの量を食べられないとお困りのあなた(もとい正田)に素敵なシステム。チャーシュー1枚からトッピングできるんですここ。オーソドックスなのは、何枚かのっけて300円、みたいなのか。またはチャーシュー食いたい人はチャーシュー麺頼めや!みたいなことだ思うんだけど。正田にはこの1枚がありがたく。
なので、しおとんこつ、ギタ、チャーシュー1枚追加(計2枚)これですね、もう毎回これ!!食べログでも載せときますね。

https://s.tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13010809/

 

いや、毎回思うんだけど、書いてて一番食べたくなるのは絶対正田本人ですな。
それでは、また次回。ノービターから正田でした!!